スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜお肌がたるんでしまうのか?



朝、目が覚めた時に、顔に枕の跡がついてしまっている経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)、どんな方でもしたことがあると思います。

近頃、その跡が時間が経ってもなかなか消えない、なんてことありませんか?

もし、その跡がなかなか消えないようであれね、お肌がたるんできている証拠となります。

では、なぜ、お肌はたるんでしまうのでしょう?

お肌は若々しくハリを維持するために、皮膚と筋肉と脂肪の3つがバランスよく保たれているのです。

若い頃は何もしなくてもこの3つが上手くバランスを保つ事が出来るので、ハリや潤いのあるきれいなお肌を維持することが出来ます。

しかし、年齢を重ねると共に、お肌のヒアルロン酸やコラーゲンが減少し、潤いを保つことが出来なくなってしまうのです。

この潤いを保持できないことも、お肌のたるみの原因のひとつです。

加齢とともに低下していくのが、お肌のハリを支えている筋肉ですね。

顔の場合は表情筋と言った筋肉があり、この筋肉の衰えもたるみの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)の1つなのです。

この筋肉は顔のあらゆる部分に存在している筋肉なので、この筋肉が衰えるということは、お肌のたるみに大きな影響を与えることになります。

基本的に、お肌のたるみの大きな原因は年齢の積み重ねなのですが、これは誰にも防ぐことは出来ませんよね。

加齢は誰にも止めることは出来ませんが、たるみが現れる速度を落とすことはできます。

実は、紫外線(子供の頃に紫外線を浴びる量が多いほど、皮膚ガンの発ガンリスクが高まるといわれていますから、赤ちゃんのうちからUV対策を行った方がいいですね)もたるみを引き起こす1つの要因となるので、若いうちから日焼け止めクリームを塗ったり、日傘をさして外出するなどして、紫外線対策をとることが大切です。

普段からお肌によいことを心がけていれば、たるみを予防することは可能なのです。










<PR>
【美肌ぐせナイトゲル通販】美HADAぐせナイトゲルの購入はコチラ!
ムダ毛をなくす方法!ムゲ毛を処理してキレイなお肌にしたい!

スポンサーサイト

たるみを防止するにはどうする?



みなさんは毎日、どのようなお肌のお手入れをしていますか?

年齢の積み重ねに伴い、お肌のたるみが気になってくるとは思うのですが、このたるみを予防するためには、普段のお手入れの仕方が重要なポイントになってきます。

今から申し上げる基本を毎日のクレンジングやスキンケア、それだけでなくファンデーションを塗る時にも意識しながら行ってみてください。

まず、何よりも重要なのは、手の動かし方です。

スキンケアを行う際には、下から上に持ち上げるように、そして、内側から外側へ手を動かすようにします。

クレンジングする時も、化粧水や美容液(基礎化粧品の一種で、より高い効果が期待できるとされています)でスキンケアを行う時も、目の周囲は目頭から上まぶた、目尻、さらに、目尻から目の下へと指を動かし、おわりに鼻の付け根という順番で行いましょう。

頬の部分も、小さくやさしく円を描くように指を動かし、内側から外側へ向かって、あごから耳の下へと上がっていくようにしてあげるだけで、お肌が持ち上がるような感覚になります。

これを毎日、意識的に行っていくのみで、十分お肌のたるみを予防する事が出来るでしょうが、一つだけ注意点があります。

クレンジングやスキンケアを行う際に、あまり力を入れすぎないなさってくださいね。

あまり力を入れてしまうと、摩擦を起こしてしまい、お肌のトラブルの原因となってしまいます。

あとは、食事面なども意識してみてください。

お肌にいいと言われているビタミンAをたくさん含有しているレバーや緑黄色野菜をたくさん摂るように心がけてみましょう。

年齢と共に減少してしまうコラーゲン(お菓子作りなどの材料としてよく使われるゼラチンの原料でもあります)などをサプリメントで補ってあげるのもいいかもしれませんね。

マッサージ(スポーツや運動の前後には、筋肉の緊張や疲れを解す目的で行われます)やスキンケアなど、外側からたるみを予防することも大切ですが、食事やサプリメントなどで、体の内側からもケアしてあげることも大切です。










<PR>
効果的に体脂肪を減らす方法!
ブライダルスイッチ通販情報!購入はコチラで!

ヒアルロン酸はたるみに効果がある?

歳を重ねるごとに気になってくるのが、顔のたるみですよね。 このたるみにより、口元のほうれい線やシワがくっきりと目立ってしまい、老けた印象になってしまいます。 ヒアルロン酸(水溶液は無色透明で、ゲル状になっています)は、このようなたるみに効果があると言われていますが、本当に効果的なのでしょうか。 まず、肌がたるんでしまう原因ですが、これは肌を支えているコラーゲンやエラスチンという物質が、年齢を重ねるごとに減少していくことにあります。 コラーゲンやエラスチンが不足すると、肌が重みに耐えられなくなり、下へと下がってしまうのです。 また、その他にも、実は、肌の乾燥もたるみの原因として挙げられています。 肌に水分がたっぷりある場合には、毛穴の周りの皮膚もふっくらとして毛穴が目立つ事はないでしょう。 でも、水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)が少なく乾燥した肌の状態になると、毛穴の周辺の皮膚がハリを失くしてしまい、毛穴が開いているように見えてしまいます。 この状態をそのままにしておいたら、どんどん肌のハリが無くなって行き、最終的には顔全体がたるんだように見えてしまいます。 このような肌の乾燥によるたるみの場合に、ヒアルロン酸が効果を発揮してくれます。 ヒアルロン酸は、保水、弾力を必要とする部分には不可欠な物質です。 保水効果が極めて高く、1gのヒアルロン酸には6000mlもの水分を保つ力が備わっているとも言われています。 このヒアルロン酸を十分肌に補う事によって乾燥を防止し、ハリのある肌に戻してあげる事でたるみを改善する事が出来るのです。

紫外線とたるみの関係



毎年、夏前になると、紫外線対策等と言う言葉をテレビや雑誌等でよく見かけると思いますが、紫外線は夏だけ予防すれば良い訳ではありません。

紫外線は年中出ていますから、お肌にダメージを与えないためにも、年中紫外線対策をとる必要があります。

紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)は自分で気がつかないうちにお肌に直接触れているので、貴方の知らないうちにお肌の老化もすすんでしまう怖い物といわれています。

紫外線がお肌にどのような影響を与えるのか、少し説明していきたいと思います。

UV−Aという言葉を耳にした事ある方もいらっしゃるかと思いますが、このUV−Aとは紫外線A波と言います。

このUV−Aは、お肌の奥にまで入りこんでしまう紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)ですよね。

この紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)がお肌の奥まで入り込むことで、活性酸素(細菌などを撃退する働きがあるのですが、増えすぎると細胞を直接的、間接的に傷つけてしまいます)を発生させます。

お肌にとって活性酸素はすごく厄介な物で、細胞を酸化してダメージを与え、コラーゲンを作り出しにくくさせたりするので老化に繋がってしまいます。

UV−Aよりも恐ろしいのがUV−Bで、この紫外線は細胞に損傷を与えるのではなく、お肌の細胞のDNAその物にダメージを与える紫外線です。

DNAその物にダメージを与えるということは、細胞分裂が正常に行われなくなってしまうので、新陳代謝が低下してしまいます。

新陳代謝の低下もまた、老化を促進させることになるため、お肌のたるみが出てきてしまうということになるでしょう。

このように突き詰めていくと、あまりたるみと関係の無いような紫外線ですが、紫外線もたるみの原因の1つになってしまった場合いうことがよくわかるでしょう。











乾燥肌はたるみに悪影響か?



女性にとってお肌の悩みは尽きない物ですが、年齢とともにそのお肌の悩みが増えていくことは仕方ないことだと思います。

しかし、自分の年齢に合わせて対策をとることは出来ますよね。

秋から冬にかけて空気が乾燥してくる頃だと思いますが、この乾燥がお肌のたるみの元になることを知っていましたか?

20代を過ぎた頃から、お肌の保湿成分が除々に失われていき、お肌が乾燥することによって肌細胞の水分がなくなり、皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)が薄く硬くなってしまい、たるみが発生するのです。

元々乾燥肌タイプの人も多くいらっしゃると思いますが、乾燥しやすくなるのも年齢を重ねていく上では仕方のないことでしょう。

20代30代をピークにホルモンバランスの影響で、皮脂の分泌量が減少していきます。

皮脂の分泌量が減っていくのに伴い、水分も蒸発しやすくなってしまうので、お肌の潤いを保つ事が難しくなる為す。

また、加齢によって、天然保湿因子NMF、セラミド(細胞間脂質)、ヒアルロン酸などが減少してしまうのも、乾燥肌になりやすくなる要因だといわれています。

それに、ケラチンという言葉を聞いたことがある方もいるとは思いますが、このケラチンといった繊維がお肌のハリと弾力を維持するのに重要な役目をしています。

ケラチンはお肌のスポンジのような役割をしていて、水分(あるものに含まれている水のことです)をたっぷり含んでいる時はハリを維持出来るのですが、水分がなくなると弾力がなくなってしぼんでしまうので、たるみなどを引き起こすのです。

このように、年齢とともにお肌の水分(あるものに含まれている水のことです)を自然に維持していくのは段々と難しくなっていきます。

お肌を乾燥させないためにも、保湿効果の高い化粧水や美容液(あまり頻繁に使いすぎると、かえって肌のためにはよくないという説もあります)で、水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を補っていく必要があるでしょう。











| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事

商品情報

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。