スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫外線とたるみの関係



毎年、夏前になると、紫外線対策等と言う言葉をテレビや雑誌等でよく見かけると思いますが、紫外線は夏だけ予防すれば良い訳ではありません。

紫外線は年中出ていますから、お肌にダメージを与えないためにも、年中紫外線対策をとる必要があります。

紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)は自分で気がつかないうちにお肌に直接触れているので、貴方の知らないうちにお肌の老化もすすんでしまう怖い物といわれています。

紫外線がお肌にどのような影響を与えるのか、少し説明していきたいと思います。

UV−Aという言葉を耳にした事ある方もいらっしゃるかと思いますが、このUV−Aとは紫外線A波と言います。

このUV−Aは、お肌の奥にまで入りこんでしまう紫外線(太陽からの光のうち、紫色よりも波長が短い光をいい、長時間浴びることで、炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下などの様々な悪影響が生じます)ですよね。

この紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)がお肌の奥まで入り込むことで、活性酸素(細菌などを撃退する働きがあるのですが、増えすぎると細胞を直接的、間接的に傷つけてしまいます)を発生させます。

お肌にとって活性酸素はすごく厄介な物で、細胞を酸化してダメージを与え、コラーゲンを作り出しにくくさせたりするので老化に繋がってしまいます。

UV−Aよりも恐ろしいのがUV−Bで、この紫外線は細胞に損傷を与えるのではなく、お肌の細胞のDNAその物にダメージを与える紫外線です。

DNAその物にダメージを与えるということは、細胞分裂が正常に行われなくなってしまうので、新陳代謝が低下してしまいます。

新陳代謝の低下もまた、老化を促進させることになるため、お肌のたるみが出てきてしまうということになるでしょう。

このように突き詰めていくと、あまりたるみと関係の無いような紫外線ですが、紫外線もたるみの原因の1つになってしまった場合いうことがよくわかるでしょう。











スポンサーサイト
| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事

商品情報

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。