スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾燥肌はたるみに悪影響か?



女性にとってお肌の悩みは尽きない物ですが、年齢とともにそのお肌の悩みが増えていくことは仕方ないことだと思います。

しかし、自分の年齢に合わせて対策をとることは出来ますよね。

秋から冬にかけて空気が乾燥してくる頃だと思いますが、この乾燥がお肌のたるみの元になることを知っていましたか?

20代を過ぎた頃から、お肌の保湿成分が除々に失われていき、お肌が乾燥することによって肌細胞の水分がなくなり、皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)が薄く硬くなってしまい、たるみが発生するのです。

元々乾燥肌タイプの人も多くいらっしゃると思いますが、乾燥しやすくなるのも年齢を重ねていく上では仕方のないことでしょう。

20代30代をピークにホルモンバランスの影響で、皮脂の分泌量が減少していきます。

皮脂の分泌量が減っていくのに伴い、水分も蒸発しやすくなってしまうので、お肌の潤いを保つ事が難しくなる為す。

また、加齢によって、天然保湿因子NMF、セラミド(細胞間脂質)、ヒアルロン酸などが減少してしまうのも、乾燥肌になりやすくなる要因だといわれています。

それに、ケラチンという言葉を聞いたことがある方もいるとは思いますが、このケラチンといった繊維がお肌のハリと弾力を維持するのに重要な役目をしています。

ケラチンはお肌のスポンジのような役割をしていて、水分(あるものに含まれている水のことです)をたっぷり含んでいる時はハリを維持出来るのですが、水分がなくなると弾力がなくなってしぼんでしまうので、たるみなどを引き起こすのです。

このように、年齢とともにお肌の水分(あるものに含まれている水のことです)を自然に維持していくのは段々と難しくなっていきます。

お肌を乾燥させないためにも、保湿効果の高い化粧水や美容液(あまり頻繁に使いすぎると、かえって肌のためにはよくないという説もあります)で、水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を補っていく必要があるでしょう。











スポンサーサイト
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事

商品情報

カテゴリ

RSSリンクの表示

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。